絵本

おしりびより

出版社からの内容紹介あらすじ

日曜日の朝、「ほんじつは 10ねんぶりの たいへん すばらしい おしりびよりです」お天気のおじさんが言った。「おしりびよりってなんだろう?」けんくんはお外へ出かけて見ると、そらに大きなおしりが浮かんでいました。うまのおしり、うさぎのおしり、ぞうのおしり…次々とおしりが流れてきます。新鋭、酒巻恵が描く、新たなおしり絵本の決定版。

出版社「WAVE出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。