絵本

おしっこちょっぴりもれたろう

みんなそれぞれにその人にしかわからない困ったことがあるのだな・・・としみじみと考えるユーモアたっぷりのお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

おしっこちょっぴりもれたろうは、おしっこをする前かした後にちょっぴりおしっこを漏らしてしまうのでお母さんにいつも叱られてしまいます。

でも、ちょっぴりなんだし、ズボンを履いたらわからないんだし、しばらくしたら乾くのだし・・・と開き直った様子です。

おしっこちょっぴりもれたろうは、お母さんに叱られる前にちょっぴり漏れたおしっこが乾くまで出かけることにします。

人混みを歩きながら、実は自分以外にもちょっぴりおしっこが漏れた人がいるのではないかと考えます。

そこでおしっこちょっぴりもれたろうは、通りすがりのおじさんにパンツを見せて欲しいとお願いしますが・・・呆れた様子で去ってしまいます。おじさんはパンツを見せてくれなかったのできっと「もれたろう」なんだろうと考えるのでした。

みんな隠しているだけで、この世界にはちょっぴりおしっこを漏らしてしまう人は大勢いるはずだと考えたおしっこちょっぴりもれたろうは、同じ「もれたろう」を探して回ることにします。

でも、洋服のタグがチクチクして気になる子や靴下がズレて困っている子はいるものの自分と同じ「もれたろう」を見つけることはできません。

みんなそれぞれにその人にしかわからない困ったことがあるのだな・・・としみじみと考える、おしっこちょっぴりもれたろうのユーモア溢れるお話です。ユーモア溢れる笑い話のようで少し哲学的にも感じてクセになる絵本です。この絵本は、子ども達の悩みを少し軽くしてくれる・・・かもしれません。

出版社からの内容紹介

ぼく、おしっこちょっぴりもれたろう。
おしっこをするまえかしたあとに、ちょっぴりもれちゃうから、いつもお母さんにおこられる。
でも、いいじゃないか。ちょっぴりなんだから。ズボンをはいたらわかんないんだから。しばらくするとかわくんだから。
でも、ぼくみたいにもれたろうでこまっている人、ほかにもいるんじゃないかな?
子どもの悩みがちょっぴり軽くなる!? ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

出版社「PHP研究所」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。