絵本

おろろんおろろん

出版社からの内容紹介あらすじ

「ははさま どこいくの」
「こよいは おろろんじゃ」

おろろんとは……
真っ赤な月の夜に行列してあるく、もののけたちのパレード。そう、百鬼夜行です。

「いきたいなあ」「いいなあ」
「こどもは だめだめ」

大人たちは夜に消え、子どもたちはおるすばん。

「わしらも おろろん したいのう」

おいてけぼりの子どもたちは、みんなであつまって、じぶんたちの「おろろん」をはじめました。

おろろん おろろん まっかな つきの よる
おろろん おろろん まっくら よみち
おろろん おろろん おばけの こうしん
おろろん おろろん なかよく ゆこう

森の生きものたちをおどかして、やりたい放題の子どもたち。そんなゆかいな「おろろん」に、すっかりうれしくなっていると……。

子どもたちの、子どもたちによる、子どもたちのための百鬼夜行を、愛らしいユーモアたっぷりに描く。人気絵本作家・石黒亜矢子によるポップでキュートな妖怪絵本です。

絵本「おろろんおろろん」の一コマ

絵本「おろろんおろろん」の一コマ

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。