絵本

おおきなかぶ

おなじみロシアの民話「おおきなかぶ」を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

みんなで協力して1つのことをやりとげる大切さ、楽しさが伝わってくる絵本です。

ロシアの民話を絵本にしたもので、おじいさんが植えたカブが大きく育ち、引っぱっても引っぱっても抜けないというお話です。

困ったおじいさんは、おばあさんを呼んできますが2人で引っぱっても抜けません。人間だけでなく、犬と猫、猫とねずみ、といったように普段は喧嘩をしてそうな動物たちも一緒にカブを引っぱります。

1人で無理なら2人、それでも無理なら3人、どんどん増えてくる様子にみんなで協力して1つのことをやりとげる楽しさを自然と感じることでしょう。

「うんとこしょ どっこいしょ」何度も繰り返される言葉には思わず力がこもります。そしてこの語感がおもしろく、子どもを夢中にさせるのです。

「おおきなかぶ」の歌もあり、歌いながら読み聞かせるのもリズムがついて楽しいです。

出版社からの内容紹介

おじいさんが植えたかぶが、甘くて元気のよいとてつもなく大きなかぶになりました。おじいさんは、「うんとこしょどっこいしょ」とかけ声をかけてかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おじいさんはおばあさんを呼んできて一緒にかぶを抜こうとしますが、かぶは抜けません。おばあさんは孫を呼び、孫は犬を呼び、犬は猫を呼んできますが、それでもかぶは抜けません。とうとう猫はねずみを呼んできますが……。力強いロシアの昔話が絵本になりました。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。