絵本

大食いフィニギンのホネのスープ

ガイコツの大食いフィニギンがスープ作りに挑戦!ガイコツが作るスープってどんなスープ?ヨーロッパに伝わる民話『石のスープ』を題材に描いたハロウィン版の絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

ガイコツのフィギニンは見た目に似合わず、実は大食い。ハロウィンの日に知らない土地にやってきたフィギニンは「ハロウィンパーティーでおいしいものを食べられるかもしれない」と楽しみしています。

ですが、町のみんなはフィギニンがやってくると知ってあわてて食べ物を隠して家にこもってしまっていました。フィギニンはさぞかしがっくり・・・するかと思いきや、なんと自分でおいしいスープを作ろうと思い立ちます。だれもいない町の中でおいしいスープを作るよと歌を歌って、家の中に隠れていた人たちを呼びます。それもなんと、隠していたはずの大事な食べ物を持って!

フィギニンはおいしいスープを作ることは出来たのでしょうか。

表紙を見ると「なんだか怖そうなお話かな」と思いますが、そんなことは全くありません。登場人物もガイコツや魔女、ゾンビといったモンスターばかりですが、絵柄がかわいらしいのでちっとも怖くなんかありません。
フィギニンの作るスープの具材はコウモリの羽だったりカエルの足だったりと、絵本を読んでいるとビックリしますが。最後にはみんなでおいしそうにスープを飲んでいます。それにしても隠していたはずの大事な食べ物が結構すごいものだったなと大人もビックリしてしまいます。

見た目は怖そうに感じますが、中身はクスッと笑えるような一味違ったお話です。

出版社からの内容紹介

フィニギンは、大食いでみんなから恐れられているガイコツです。
ハロウィンの日、ごちそうにありつこうと町にやってきます。
けれど、だれからも食べ物をもらえません。
やがて、干からびたホネを一本とりだしスープに投げ入れました。
すると、いままで隠れていた化け物たちが、恐る恐るスープに近づいてきて…。
魔女、ゾンビ、ミイラ、オオカミ男など、こわくて可愛い化け物たちが登場。
主にヨーロッパに伝わる民話『石のスープ』を題材にしたハロウィン版『石のスープ』です。

出版社「BL出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。