絵本

おにころちゃんとりゅうのはな

出版社からの内容紹介あらすじ

鬼の子どものおにころちゃんが、竜の鼻を持って人間の村へ行きました。竜の鼻の鼻息で、いろんなものをふくらませて遊んでいると、たき火の火が燃え広がってさあ大変!

出版社「岩崎書店」より
3歳4歳5歳岩崎書店やぎ たみこ
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。