絵本

おにいちゃんの歌は、せかいいち!

出版社からの内容紹介あらすじ

恥ずかしがりやのおにいちゃんと、むじゃきな弟の心あたたまる絵本です。
家の中では元気いっぱい、おかしな歌を楽しくうたっているのに、みんなの前でうたうのはイヤなおにいちゃん。
1年生になって、学芸会で音楽劇をすることになってしまいました。
先生は、そんなおにいちゃんにぴったりの役をくれました。
それは、おしまいの言葉を言うモグラの役。
春の歌が全部終わったら、冬眠からさめたモグラがこう言うのです。
「とてもかわいい歌でした。これでおしまい」
だけど、やっぱり恥ずかしくて……。
どきどきしている子をあたたかく見守る先生、家族、そして兄弟。
「きっとできる」「きっとうまくいく」という言葉のすばらしさにあらためて気づかされる1冊です。

出版社「あすなろ書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。