絵本

おにぎり

見ただけでお腹が鳴ってしまいそう!?ご飯を炊いておにぎりが出来上がるまでを丁寧に描いたお料理絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

表紙のおにぎりを見ただけで、ついついおなかが鳴ってしまいそうです。
食べることが大好きな親子、反対に、離乳食で大苦戦中の親子、それぞれにおすすめです。

おにぎりの大好きなお子さん、たくさんいらっしゃいませんか?
この絵本は、リアルな絵で、おにぎりの作り方を丁寧に教えてくれます。
ごはんを焚いて、手のひらに水をつけて、塩をつけて…。
ごはんから立ち上る湯気をみているだけで、なんだかごはんの香りに包まれているような気になってきて、きっと大人でも、今すぐほかほかおにぎりを食べたくなってくると思います。

のりで巻かれたおにぎりの美味しそうなこと!
この絵本を見たあとは、きっと「おにぎり食べたい!」と言ってくれると思いますので、絵本を読む前にご飯をセットしていてもいいですね!
普段は食が細かったり、離乳食をなかなか食べてくれなかったりする小さいお子さんにも、ぜひおすすめです。

出版社からの内容紹介

ごはんをたいて、手の平に水をつけて、塩をつけて、あつあつごはんをぎゅっ、ぎゅっ。まんなかに梅干をうめて、もう一度ぎゅっ、ぎゅっ。手の中でくるっ、くるっと回して、海苔を巻けば、おにぎりのできあがり。たくさんできた。はい、どうぞ。ご飯の湯気、すっぱそうな梅干し、そしてにぎられたおにぎりの海苔の質感……見るほどに食べたくなって思わず手がのびる、おいしそうなおにぎりの絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。