絵本

オニのサラリーマン

鬼の世界も人間の世界と同じ!? 鬼のサラリーマンはスーツをビシッと決めて、満員バスで出勤です!

この絵本の内容紹介あらすじ

お父さんの名前は、オニガワラ・ケン。地獄カンパニーに勤めるサラリーマンの赤鬼です。

朝起きると朝食を済ませて、スーツをビシッと着て、奥さんと子ども達に見送られながら会社へと向かいます。

赤鬼が乗るバスは、妖怪病院前経由・地獄の正門前行き。出勤時間のバスは、いつも満員です。

終点でバスを降りて地獄に着くと、まずは閻魔大王への挨拶から始まります。赤鬼は、今日の担当として血の池地獄の監視を命じられました。

釜茹地獄の火の番は暑くて大変な仕事。それに比べて、血の池地獄の監視は随分と楽な仕事です。

血の池地獄の監視はまるでプールの監視のよう。監視台の上から、喧嘩する者や岸に上がる者を注意したり、飛び込みをする者やゴムボートを持ってくる者を叱ったり。地獄と言っても、そこには愉快な雰囲気が漂います。

それでも地獄は荒くれ者が揃っています。常に監視の目を光らせていなければなりません。昼になる頃には、赤鬼はクタクタです。

そして待ちに待った弁当の時間になりました。今日の弁当は赤鬼の大好きな目玉焼きです。

満腹になると眠くなるのは人間も鬼も同じ。昨日の夕べに息子の宿題を手伝ったこともあって、仕事中だというのに赤鬼はついつい眠ってしまうのでした。

ところがハッと目覚めると、血の池地獄は大混乱。極楽から糸が一本垂れ下がり、地獄の亡者が我先にとその糸を登っていたのでした。

さて、地獄の亡者達は地獄から逃げ出してしまうのでしょうか。


スーツを着て、満員のバスに揺られて、仕事仲間と雑談して、仕事でミスをして落ち込んで、帰りに一杯引っ掛けて・・・。これは誰もが想像するようなサラリーマンのよくある光景です。

ところが、そのサラリーマンを鬼に見立てたらどうなるでしょう。会社は地獄で、金棒を担いで出勤し、バスは妖怪病院前経由で、満員バスで後ろの鬼のツノが刺さって・・・。なんだか楽しそうな光景に、あっという間に様変わりです。

芥川龍之介の短編小説「蜘蛛の糸」のオマージュ(極楽から糸が垂れ下がる場面)が含まれていたり、登場人物が全員関西弁だったり、どこを切り取ってもクスッと笑いが込み上げる楽しい絵本です。

出版社からの内容紹介

赤鬼のオニガワラ・ケン、地獄カンパニーの平社員。一男一女あり。びしっとスーツで決め、愛妻弁当と金棒持って、満員バスで出勤です。社長みたいな閻魔大王の指示で、今日は血の池地獄の見張りにつくことになりました。釜ゆで地獄の火の番を言いつかった同僚からは「ええなぁ、らくちんやんか」と羨ましがられますが、亡者どもは決まりを守らず、てんやわんや。そして、ちょっと油断したすきに、大変なことが起きてしまいました!

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。