絵本

オニのサラリーマン しゅっちょうはつらいよ

鬼のサラリーマン第二弾! 今回は全国神様サミットで出雲に出張!?

この絵本の内容紹介あらすじ

お父さんの名前は、オニガワラ・ケン。地獄カンパニーに勤めるサラリーマンの赤鬼です。閻魔大王の命令で出雲に出張することになりました。

出張の目的は、日本中の神様が集う全国神様サミットのお手伝い。コートを羽織って、スーツケースを携えて、家族に見送られながら出発です。

「なあ オニガワラ 神さんたちの かいぎやのに、なんで オニやら ようかいやらが、てつだいに かりだされんと あかんねん。よういわんわ」

そう愚痴をこぼすのは同僚のオニジマ。今回の出張には、赤鬼オニガワラと青鬼オニジマのふたりで行きます。

「しゃあないやん、オニジマ。えんまさまの ごめいれいやぞ。とにかく おれたち、じごくの だいひょうなんやから、ひとつ きばって いこやないか」

オニガワラはそう言って、冥界シティ・エアポートで出雲行きの飛行船に乗り込みました。

出雲行きの飛行船はヤマタノオロチ号。エコノミークラスの船内は、乗客の妖怪達でごった返しです。

出雲に到着すると神集いの議長への挨拶から始まります。そして、オニガワラとオニジマは会場警備のお手伝いを議長から任命されました。

会場警備は、神様をそれぞれのゲートに案内したり、怪しい者がいないかを見張る仕事です。

出雲の玄関口である稲佐の浜には、神様がぞろぞろと集まっていました。海を渡って来る神様、空を飛んで来る神様、大勢の神様が押し寄せます。

田の神様と井戸の神様、水の神様は五番ゲート。火の神様は三番ゲート。貧乏神様は端っこの八十八番ゲート。オニガワラとオニジマは、そうやって大勢の神様を案内します。

ところが、警備の仕事は案内だけに留まりません。箒に乗った魔女やソリに乗ったサンタクロースが出雲の上空を飛べば、通行禁止を伝えます。

オニガワラとオニジマが休憩していると、また怪しい者が飛んできます。ツノが生えた鬼のようですが、金髪の鬼は地獄にはいません。ふたりが問いかけると強風が吹き荒れ、雷が鳴り響き・・・。全国神様サミットに現れた怪しい者の正体とは。


出張と言えば、大変ながらも心躍るものです。ところが鬼達の出張は、人間の出張とは比べ物にならないほど摩訶不思議な世界が広がっています。次から次へと想像を超える展開が繰り広げられ、その度にクスッと笑いが込み上げます。

出版社からの内容紹介

地獄勤めのお父ちゃん、出雲へ出張!

地獄勤めの赤鬼オニガワラ・ケンと同僚のオニジマは、えんまさまから出雲出張を命じられ、「ぜんこく神さまサミット」の会場警備を手伝うことになりました。飛行船に乗りこんで出雲へ向かい、稲佐の浜に来てみれば、日本じゅうからやってくる神さまたちで大混乱。ふたりは案内やら警備やらあっちこっちてんやわんやしながら、神さまたちをお迎えします。開会を告げる神つどいの迎え太鼓が鳴り響き、出雲の夜はふけていきます。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。