絵本

おんがくねずみ ジェラルディン

はじめて おんがくを きいた ねずみの はなし

空き家の台所の隅で見つけたのは、とても大きなパルメザン・チーズ。その中から出てきたものとは・・・!?

この絵本の内容紹介あらすじ

ねずみのジェラルディンは音楽を聴いたことがありません。ジェラルディンが耳にするのは、人間の声や戸が閉まる音、犬の鳴き声や蛇口から流れる水の音ばかり。

そんなジェラルディンが住んでいるのは、空き家の納屋です。ある日、その空き家の台所の隅っこで、ジェラルディンは大きなパルメザン・チーズを見つけました。そして、納屋の秘密の隠れ家に運ぶことにしました。

ところが、ジェラルディンだけで運ぶには大き過ぎます。そこで、仲間の手を借りて運ぶことに。「もし はこぶのを てつだって くれたら,みんなに たっぷり ひときれ ずつ あげるわ」とジェラルディンは提案しました。

チーズが大好きな仲間達は、その言葉を聞いて大喜び。押したり、引っ張ったり、引きずったり、どうにかこうにか台所から運び出します。

そうして納屋の隠れ家に着くと、ジェラルディンはチーズの上によじ登り、約束通りに仲間達へチーズを配りました。そして仲間達がチーズを持って帰る一方で、ジェラルディンは不思議なことに気づきます。なんと、切り出したチーズの中から二つの耳のような形が現れたのです。

仲間達が帰った後も、ジェラルディンは夢中でチーズを掘りました。そして、信じられない光景を目の当たりにします。チーズから出てきたのは、ねずみの形をした彫刻。しかも、さらに掘り進めると、その全容はフルートを吹くねずみの姿でした。

ねずみの吹くフルートは、よく見ると尻尾の先。このチーズの彫刻は、尻尾の先をフルートのように吹くねずみの姿だったのです。ジェラルディンは、この不思議な彫刻を固唾を飲んで眺めながらも、日が暮れるにつれて眠りに落ちてしまいました。

ところが突然、聴いたこともない音が響き始め、ジェラルディンは目を覚まします。その音はチーズの彫刻から聞こえてくるようです。暗くなるにつれて、音はますますハッキリと聞こえ、金と銀の糸が空中を漂うような美しい音色を響かせます。

「おんがくだ!」
これほど美しい音は、音楽に違いない。ジェラルディンは音色の正体に気づきました。そして、日が昇るまでの一晩中、その音楽に聴き入りました。

「ふいてよ ふいて,もっと ふいて!」
ジェラルディンはチーズの彫刻にお願いしますが、日が昇るとフルートの音は消えてしまいます。ところが夕暮れになると、またその音楽が鳴り響き始めました。夕暮れから夜明けまでの間だけ、フルートの音色が鳴り響くのです。

それ以来、ジェラルディンは毎晩、そのフルートの音色に夢中で聴き入りました。昼間になっても耳に音が残るほどです。

そんなある日、通りで仲間のねずみ達に出会うと、みんなは参っていました。食べ物に困っていたのです。チーズを分けて欲しいとジェラルディンは頼まれますが、「でも そんな こと できないわ!」と断ります。

すると、仲間のねずみ達は「どうして?」と怒って尋ねました。それに対して「だって・・・なぜって・・・あれは おんがくだもの!」とジェラルディン。ところが、仲間のねずみ達はその言葉の意味が理解できません。ますます怒ったように「おんがくって なにさ?」と責め立てます。

ジェラルディンは少し考え込んだ後に、厳かに自分の尻尾の先を持ち上げ、つぼめた唇に当てて、深く息を吸い込んで吹きました。その様子は、周りから見れば尻尾の先に息を吹きかけているだけ。そのジェラルディンの不思議な行動に、仲間のねずみ達はお腹が痛くなるほど大笑いしました。ところがやがて、美しいフルートの音色が鳴り響き・・・。


レオ=レオニの物語は幻想的でありながら、現実味を帯びています。この絵本の翻訳を行った谷川 俊太郎氏は、「レオ=レオニの物語は、私たちの身近な現実に根を下ろしている」と言います。また、それだからこそ子ども達の想像力に通ずるものがあるのではないかと考えました。

出版社からの内容紹介

大きなチーズの中から素晴しい音楽を奏でるねずみの像がでてきました。仲間達は食べたがりますが、ジェラルディンはどうするのでしょう?

出版社「好学社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。