絵本

おねしょの かみさま

布団から突如現れたのは変なおじさん。なんと!この変なおじさんの正体は「おねしょのかみさま」だったのです。神様におねしょをしなくなるおまじないを教えてもらった男の子ですが・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

ゆうちゃんは、布団ですやすや眠っています。

ゆうちゃんは、おばあちゃんのおうちにいました。おばあちゃんのおうちはとっても立派なおうち。でも、おばあちゃんのおうちってこんなだったっけ・・・っとゆうちゃんは思います。

ゆうちゃんは、おばあちゃんから出してもらったスイカを食べ過ぎたのでおしっこに行きたくなりました。おばあちゃんのおうちのトイレもとっても立派なトイレです。
ゆうちゃんがおしっこをしていると、トイレから溢れておしっこの海ができました。ゆうちゃんはその海を泳ぎます。

ゆうちゃんは、目を覚ますとおねしょしてしまったことに気づきます。ゆうちゃんが悲しんでいると布団がむくむと動き出します。
するとびっくり!布団の中から変なおじさんが出てきたのです。

この変なおじさん正体は、「おねしょのかみさま」だったのです。突然現れたと思うと自己紹介を手短に済ませ、不思議な踊りを踊って消えていきました。

その日の夜、ゆうちゃんは、「今夜はおねしょしないといいな」っと思って眠りにつきます。
すると、今夜も夢のなかでゆうちゃんはおしっこの海を泳いでいました。
目が覚めるとやっぱりおねしょをしてしまっていました。ゆうちゃんが悲しんでいると今日もおねしょの神様が現れます。そして、不思議な踊りを踊って消えていきました。

その次の日も、さらに次の日も、おねしょをしてしまったゆうちゃんのもとにおねしょの神様が現れます。
ある日、ゆうちゃんがおねしょの神様にもう出てこないでとお願いします。すると、おねしょの神様は、おねしょをしないおまじないの言葉を教えてくれたのです。

おまじないの言葉を教えてもらったゆうちゃんは、おねしょしないで起きれるのでしょうか?

毎日、おねしょをされると大変ですよね。お父さんやお母さんはストレスが溜まってしまうものですよね。

それと同じくらいおねしょをしてしまったお子さんも悩んだり悲しんだり、ストレスが溜まっているものです。
そんなお子さんのためにもおねしょをユーモアに変えてくれるような楽しいお話を読み聞かせてあげてはいかがでしょう。
最後はとってもほっこりする展開が待っています。

出版社からの内容紹介

毎晩、おねしょをしてしまい、水にまつわる不思議な夢を見る男の子。ある朝起きると、ユニークなおねしょの神様に出会います。神様におねしょをしなくなるおまじないを教えてもらった男の子ですが…。男の子と神様の交流がほのぼのと描かれます。

出版社「学研」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。