絵本

おもいで星がかがやくとき

出版社からの内容紹介あらすじ

ぴっぽのたび』を彷彿とさせる 鮮やかな色彩と柔らかな筆遣いで描きあげる幻想的な世界

ねずみのピナは、自分の目の前から突然姿を消した大切なひとを探している。そのひとは“お星さま”になって遠くから彼女を見守っているという。かけがえのないひとの喪失を静かに受け止めて、乗り越えていく主人公の心の動きを描いたこの作品は、著者の実体験から生まれた悲しく切ない物語。

出版社「NHK出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。