絵本

オリンピックのころの東京

出版社からの内容紹介あらすじ

1964年のオリンピック大会直前、まだ都電やオート三輪が走る東京に、高速道路が建設され、新宿や渋谷を中心に大きく変化した。21歳の写真家がモノクロ写真に残した変貌中の光景も、40年ちかくたって見れば、ほとんどが失われた風景となっている。当時を知っている人にも、知らない人にもなつかしさを感じさせる1冊。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。