絵本

おじさんのかさ

立派な傘が雨で濡れるのは嫌!?おじさんが傘を差す日はくるのでしょうか?

この絵本の内容紹介あらすじ

おじさんは、杖のような黒くて細くてぴかぴかのとても立派な傘を持っていました。出かけるときはその傘をいつも持ち歩くおじさんですが、傘が濡れるからといって少しの雨なら傘を差しません。

もう少し強い雨が降ると、おじさんは傘を差すのかと思いきや・・・、傘が濡れるので雨宿りをして雨が止むのを待つのです。

雨が降っても急ぐときはあるものです。そんなとき、おじさんはどうするのかと言うと・・・、傘が濡れないようにしっかり抱いて走っていくのでした。

雨がやまないときは、「ちょっと失礼」とおじさんは言って、知らない人の傘に入れてもらうこともあります。どうしても大事な傘を濡らしたくないおじさんの徹底ぶりには驚かされるばかりです。

とてもとても雨が強いときは、おじさんは出かけるのを止めて家の中で過ごすことにします。そして、強い風で傘がひっくり返った人を窓から見ると、出かけなくて良かったと安心した様子のおじさん。

ある日、おじさんは公園のベンチに腰掛けると、自慢の傘を見ながらうっとりします。汚れているところはないか綺麗に畳まれているかを確認することも怠りません。

おじさんが傘にうっとりしていると、少し雨が降ってきました。そして、おじいさんの腰掛けたベンチのそばの木で雨宿りをしようと小さな男の子が走ってくるのです。

小さな男の子は、おじさんの立派な傘を見ると、傘に入れて欲しいとお願いするのです。ところが、おじさんは少し上のほうを見ながら、聞こえなかったことにしました。
小さな男の子はそのあとどうしたかと言うと、お友達の小さな女の子がたまたま通りかかり、相合傘をして帰っていくのでした。

「あめが ふったら ポンポロロン あめが ふったら ピッチャンチャン。」

小さな男の子と女の子は、愉快で楽しい歌を大きな声で歌いながら帰っていくのですが、その声を聴いたおじさんは心を揺さぶられます。

雨の公園に響く楽しそうな子ども達の歌声と後ろ姿を見ながら「ほんとかなあ」と呟くおじさん。そして、とうとう一度も開いたことのないその傘の柄に手をかけて・・・。


おじさんが初めて出会う、傘の本当の楽しみ方。傘はやっぱり雨の日に使ってこそですよね。
おじさんが楽しそうに傘をくるくる回したりする姿はなんだか微笑ましく、おじさんの心の変化が愉快に描かれます。

憂鬱になりがちな雨の日ですが、傘を差すだけでこんなにも愉快で楽しいものなのです。そんなスキップでもしたくなるようなウキウキしたおじさんの気持ちを上手に描いた絵本です。
傘を持っているのに雨宿りしているおじさんがいたら「もしかしてあのおじさんも?」と注目してしまいそうですね。

出版社からの内容紹介

雨の日におじさんが出会った素敵なできごと
りっぱなかさがぬれるのがいやで、かさをさそうとしないおじさん。ある雨の日、子どもたちの歌をきいたおじさんは、はじめてかさを広げてみました。すると……。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。