絵本

おいしいおと

この食べ物はどんな音がする? おうちの食卓を舞台に子どもたちと食事をつなぐ温かい絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「いただきまーす」から始まって「ごちそうさまでした」で終わるまでの食卓の様子を、楽しく、そして美味しい音とともに描いたお話です。

まず最初に、きつね色の美味しそうな春巻きを箸で取ります。春巻きはどんな美味しい音がするのでしょう。「カコッ ホッ カル カル カル カル カル」と実際に春巻きを食べたときのような、それでいてユニークな美味しい音を奏でます。

ほうれん草はどんな美味しい音がするのでしょう。「ズック ズック ズック ズック ズックズ」と歯ごたえの良さそうな美味しい音が聞こえてきます。

他にも、白ご飯やワカメの味噌汁、ウィンナーやカボチャやレタス・・・・、様々な食べ物の美味しい音が次から次へと聞こえてきます。

好きな食べ物はもちろん、苦手な食べ物でも、その食べ物の奏でるユニークな音に注目してみると、今までとは少し違った印象を受けることでしょう。

毎日の食卓に、そっと耳を傾けてみると、食事がさらに楽しくなるような、そんな気持ちにさせてくれる絵本です。

出版社からの内容紹介

今日のごはんは何かな?春巻き、ウィンナ、わかめのみそ汁、レタスにプチトマト。春巻きを食べると、どんな音がするかな?ウィンナやレタスはどうかな?ある日の食卓の、おいしい音が勢ぞろい。これを読んだら、食事がよりいっそう楽しくなること請合い! くいしんぼさんの手が、あっちからも、こっちからも伸びてきますよ。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。