絵本

おひめさまとカエルさん

出版社からの内容紹介あらすじ

ボールを池に落としてしまったり、おつりをなくしてしまったり……ワンピースをきた女の子(これが、おひめさま)がこまって泣いていると、いつだって「どうしたのよ?」と、カエルさんが助けにきてくれます。コールデコット賞作家ツェマックが親子でつくった、小さくてかわいいおはなし三つ。温かいユーモアが笑いをさそいます。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。