絵本

おでんしゃ

おでんの具が次々と連結しながら日本縦断。沖縄から北海道までの名所や名物、方言も楽しめる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

『おでんしゃ』は、コンニャクや大根のおでんの具が連結する電車。ハイビスカスやゴーヤに見送られながら沖縄を出発です。

そして、九州でソーセージと豚足が連結。明太子や豚骨ラーメンに見送られながら九州を出発です。

そして今度は、ゆで卵が連結。瀬戸内海を横目に、桃太郎やラクダに見送られながら先を急ぎます。

次の大阪では、牛スジと連結です。連結操作は、串カツおじさんの出番。ところが、連結操作に失敗し、串カツは違う線路に進入してしまいました。

それでもおでんしゃは、目的地を目指して進みます。ちくわやはんぺん、きりたんぽやホタテと連結しながら、関東、東北と進んでいきます。

おでんしゃの終点は、北海道。最後にジャガイモと連結して、お鍋に飛び込みます。連結に失敗した牛スジは、無事に合流出来たのでしょうか。


おでんの具が次々と連結しながら、日本を縦断するお話です。おでんしゃの進行を見守りながら、各地の名所や名物、方言が楽しめます。

牛スジが連結に失敗して、「ほんまっ! なにしとるねん! なんで こうなるねん!」と泣き面を浮かべると、思わず笑いが込み上げます。

出版社からの内容紹介

おでんの具に、車輪がついた「おでんしゃ」が、沖縄から北海道まで旅をする楽しいお話です。
行く先々では、各地の名産品が手をふって応援しているよ。
連結に失敗した牛すじ君は、おでんしゃに追いつけるのか? 
読んで 笑って、地理博士にもなれる、よくばりな爆笑知育絵本です。
対象年齢は、自分で読むなら5歳から、いっしょに楽しむなら3歳から。
電車が好きなお子様も、おでんが好きな大人も、家族みんなで 出発進行!

出版社「集英社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。