絵本

のぞく

出版社からの内容紹介あらすじ

力強い文ではじまり、作家が読者の子どもたちに問いかけます。「ひとはどうしてあなをのぞくのかな。あなのむこうにはなにがあるのかな。こわいものがあるのかな。おもしろいものがあるのかな」数十年にわたって撮りつづけた写真家の目に映る人や街の風景から、社会の変遷が読みとれます。画家の絶妙な挿画とページに開けられた穴から、古今東西のおもしろい物語が伝わってきます。文・写真・絵によるトリオのハーモニーは、不思議な視覚と聴覚と触覚の効果をもたらし、心の奥まで響く斬新なスタイルの絵本です。

絵本「のぞく」の一コマ

出版社「福音館書店」より
5歳6歳7歳以上天野 祐吉大社 玲子福音館書店
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。