絵本

人形の家にすんでいたネズミ一家のおるすばん

人形の家で暮らすネズミ一家は、悪女の策略に利用されてしまい・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

ネズミ一家は、ペックさん夫婦と子ネズミ13匹の総勢15匹。その一家は人形の家で暮らしていました。

そして、人形の家の持ち主は大金持ちの伯爵。お城のような屋敷に住んでいました。

春の大掃除が終わると、その屋敷には見物人の長い行列が出来ました。見物料を払って屋敷を見に来たのです。なかでも、人形の家は一番の見ものでした。

ところが、夏が終わりを迎えると、見物人の行列は短くなり、伯爵夫妻はインドへ3ヶ月の長期旅行に出掛けようとしています。

その間の留守を預かるのは、新入り秘書のルーシー・プライス。ペック奥さんにとって、ルーシー・プライスは要注意人物でした。

「ルーシー・プライスは、きっとなにか、たくらんでいるにちがいないわ」

ペック奥さんがそう言うのには、理由があります。屋敷の台所に食料を探しに行く途中、ペック奥さんは秘書室の前を通るのですが、ルーシー・プライスが電話越しに怪しい話をしているのを目撃したのです。

ペック奥さんが言うには、夜遅くになるとルーシー・プライスは誰かに電話を掛けることが何度もあります。そしてある晩のこと、「あの目ざわりなネズミたちに、かせいでもらう」と話していたのです。

伯爵夫妻が旅行に出掛けると、案の定、ルーシー・プライスは怪しい行動を始めます。家具に掛けられた埃除けの布を取り払い、壁のあちらこちらに大きな紙を貼って回りました。

ネズミ一家の長女は、文字が読めるのが自慢。貼り紙に書かれた文字を、みんなに読み聞かせました。

「人形の家にすんでいるネズミの写真をとろう、って書いてあるわ」
「わたしたちが、いちばんたくさんうつっている写真をとった人が、賞金をもらえる、ですって」

ルーシー・プライスの悪巧みが着々と進み、コンテストのことが知れ渡ると、屋敷にはカメラを持った見物人の行列が出来ました。

ネズミ一家は、自分の家にいながらも生きた心地がしません。見物人のいる昼の間は、身動きが取れず、隠れて過ごさなければならないのです。

一方、ルーシー・プライスの机の上には、日を追うごとに札束の山が積まれていきました。コンテストの参加料で荒稼ぎして、伯爵夫妻が戻る頃には行方を眩ますつもりなのです。

そんなある日、ペックさんはある作戦を思いつき、ルーシー・プライスに一家総出で仕返しすることに・・・。

出版社からの内容紹介

伯爵のおやしきの中にある人形の家に、ネズミの一家が、たのしくくらしていました。ある日、伯爵が休暇で出かけると、留守をあずかった秘書が、なにやら悪だくみを始めました。悪者をやっつける方法を思いついたネズミたちは…? 人気絵本『人形の家にすんでいたネズミ一家のおはなし』の姉妹編!

出版社「徳間書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。