絵本

にじいろのさかな

にじうおは、虹色の鱗を持った世界一綺麗な魚。ところが、彼はいつも独りぼっち。自慢の鱗をみんなに見てもらえないのはなぜでしょう?

この絵本の内容紹介あらすじ

青く深い遠くの海に、世界一綺麗な魚がいました。その魚の鱗は、虹のように様々な色合いをしています。青と緑と紫と、さらには銀に輝く鱗まであります。他の魚達は、その姿から『にじうお』と呼びました。

「おいでよ,にじうお。いっしょに あそぼう!」

ある日、他の魚に誘われますが、にじうおは返事もせずに無視して通り過ぎます。自分が特別であるかのような振る舞いです。

「おねがいだから,きみの その きらきらうろこを 1まい おくれよ。 — きみには そんなに たくさん あるんだもの。」

ある日は小さな魚がやってきて、そんなお願いをすると、「とっとと あっちへ いけ!」と威張った態度で一喝。

他の魚達は、にじうおの態度に嫌気が差して、とうとう避けるようになりました。

世界一綺麗な鱗でも、誰にも褒めてもらえなければ何の役にも立ちません。それなのに、にじうおは世界一寂しい魚になってしまったのです。

いつもは自信満々のにじうおでも、この状況は想定外。さすがに困り果てると、ある日、ヒトデに悩みを打ち明けました。

ところが、「そんな こと おれに わかるもんか。」とヒトデ。深い洞穴で暮らすタコのばあさんなら良い方法を知っているかもしれないと言うのでした。

そこで、にじうおは珊瑚礁を越えて洞穴に向かいます。そして、タコのばあさんに相談すると、銀に輝く鱗を他の魚達に配れば良いと言われます。そうすれば、世界一綺麗な魚ではなくなるけれど、幸せになる方法を見つけられると言うのです。

にじうおは銀の鱗があってこそ幸せになれると考えていたので、その言葉に半信半疑。ところがある日、小さな魚にお願いされて、銀の鱗を分けてみると・・・。


この絵本は、にじうおの銀の鱗が実際にきらきら光る珍しい作品です。

『誰かのおねだりを聞き入れて仲間に入れてもらうお話』といった解釈で否定的な意見もありますが、この絵本が本当に伝えたいのはきっと別のこと。外見的な美しさよりも内面的な美しさのほうがとっても大切ということではないでしょうか。

読み聞かせする側の大人も否定的な解釈をしてしまうこともありますが、子どもに間違った解釈をされないように、丁寧にフォローしながら読み聞かせることが重要です。

他の魚達がにじうおを避けるようになったのは、銀の鱗を貰えなかったからでしょうか。威張った態度に嫌気が差したからでしょうか。どう解釈するかで、印象が大きく変わるはずです。

他の魚達は、にじうおを除け者にする以外に方法がなかったのでしょうか。そのことを考えてみることも大事なことです。様々な角度から、親子で話し合ってみることも楽しみの一つになることでしょう。

出版社からの内容紹介

世界で評判の光る絵本!
にじいろに輝くうろこをもった、世界でいちばん美しいさかな。でも、彼はひとりぼっちでさみしい。ある日彼は、かしこいタコに相談にいくことにしましたが……。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。