絵本

にじいろのさかな

にじうおは、虹色の鱗を持った世界で一番美しい魚。でも、彼はいつもひとりばっち。自慢の鱗をみんなに見てもらえないのはなぜだろう?

この絵本の内容紹介あらすじ

青くて深い遠くの海にそれはそれは綺麗な魚が住んでいました。その魚は、青に緑に紫に中にはきらきら輝く銀のうろこもあります。この魚は、他の魚たちから「にじうお」と呼ばれていました。

にじうおは、自慢のうろこを輝かせながら得意げになっていました。ある日、他の魚が「一緒に遊ぼう!」と声をかけても見向きもしません。またある日は、小さな青い魚が「たくさんあるのだから綺麗な君のうろこを一枚くれないか」とお願いすると「いったい何様のつもりだ!」と一喝するのでした。

そんな態度のにじうおを他の魚は避けるようになりました。そして、にじうおは自慢のうろこを誰にも見てもらえないことを悩み、賢いおばあさんタコに相談に行くのでした。

タコに相談すると「一番綺麗な魚ではなくなるけれどその綺麗なうろこを他の魚に分けてあげるといい」と言います。にじうおは、自慢のうろこがなくなってどうやって幸せになるのだろう?っと思いました。

にじうおは、他の魚のお願いを聞き入れて自慢のうろこをあげてみることにします。すると、その魚はとっても嬉しそうに喜びます。その様子を見たにじうおは、とっても嬉しい気持ちになりました。

この絵本は、にじうおの銀のうろこが実際にきらきら光る珍しい作品です。誰かのおねだりを聞き入れて仲間に入れてもらうお話っといった解釈で否定的な意見もある絵本ですが、この絵本が本当に伝えたいのは外見的な美しさよりも内面的な美しさのほうがとっても大切なことだよっということ。

読み聞かせする側の大人もそういった解釈をしてしまうこともあるので、お子さんに間違った解釈をされないようにフォローしながらこの絵本を読み聞かせしてあげてみてください。

もちろん、欲しい物がもらえなかったことでにじうおを避けるようになった他の魚達にも問題がありそうですね。苦労もせずに生まれつき持った綺麗なうろこで威張り散らしたにじうおにも問題がありそうですね。そういったいろんな角度から親子で話し合ってみてもいいかもしれませんね。

出版社からの内容紹介

世界で評判の光る絵本!
にじいろに輝くうろこをもった、世界でいちばん美しいさかな。でも、彼はひとりぼっちでさみしい。ある日彼は、かしこいタコに相談にいくことにしましたが……。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。