絵本

ねないこだれだ

夜中の世界は恐ろしい!? 遅くまで起きていると、おばけがやってきて・・・。

この絵本の内容紹介あらすじ

「ボン ボン ボン・・・・・・」
夜の9時を知らせる時計が鳴りました。

こんな時間に起きているのは誰でしょう。

フクロウやミミズクでしょうか。黒猫やどら猫でしょうか。いたずらネズミでしょうか。それとも、泥棒でしょうか。

そのどれとも違います。
夜中は、おばけの時間なのです。

「あれ あれ あれれ・・・・・・」

夜中に遊ぶ子どもは、おばけになってしまいます。おばけの世界へと連れていかれてしまいます。


小さな子ども達にとっては、この絵本の世界観が恐ろしく感じられます。夜遅くまで起きていることの恐怖が伝わります。それ故に、早く寝ようと心掛けるようになるのでしょう。切り絵の荒削りな表現も、その恐怖を助長するかのようです。

出版社からの内容紹介

夜の9時です。「とけいがなりますボンボンボン」こんな時間におきているのはだれだ?ふくろう、くろねこ、どろぼう……。いえいえ、夜中はおばけの時間。あれ?まだ寝ていない子がいますよ。おばけになってとんでいけ! おばけがなかなか寝ない子をおばけの世界に連れていってしまいます。シンプルなはり絵と独特のストーリーで、子どもたちをひきつけてやまない赤ちゃん絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。