絵本

ねないこだれだ

夜中はおばけの時間。寝ない子はおばけの世界に連れて行かれる!?

この絵本の内容紹介あらすじ

ボーンボーンボーン…時計が鳴ります。夜の9時になりました。
こんな時間に起きているのはだれだ?
真っ暗闇のなか、誰かがそう言いました。

夜9時になると、お外はもう真っ暗です。怖い動物がたくさん出てきます。
ふくろう、ミミズク、真っ黒な野良猫、いたずらネズミ。
みんな目をランランと輝かせながら、暗闇の中を歩きます。
そして動物だけでなく、こわーい泥棒も抜き足差し足で歩いています。

夜はいったい、誰の時間なのでしょうか。
目を輝かせた動物たちの時間?こわーいドロボウの時間?
いえいえ夜中に現れるのは、それだけではありません。

夜中はおばけの時間なのです!

暗闇の中、おばけがギョロギョロと目を光らせます。
あれ?あれ?あれれ?
まだ寝ていない子がいました!幽霊はニヤリと笑いながら言います。
夜中に遊ぶ子は、おばけにおなり。

夜中まで起きている子は、どうなってしまうのでしょうか?

子どもたちに、夜遅くまで起きているのは良くないと、上手に伝えてくれるお話しです。
夜中は真っ暗で危険がいっぱいです。なにが潜んでいるか分かりません。
その怖さを子どもたち分かりやすく伝えてくれます。
貼り絵で表現された不気味な雰囲気がとても怖い絵本ですが、ユニークなお話が子どもたちの心を長年掴んで放しません。

出版社からの内容紹介

夜の9時です。「とけいがなりますボンボンボン」こんな時間におきているのはだれだ?ふくろう、くろねこ、どろぼう……。いえいえ、夜中はおばけの時間。あれ?まだ寝ていない子がいますよ。おばけになってとんでいけ! おばけがなかなか寝ない子をおばけの世界に連れていってしまいます。シンプルなはり絵と独特のストーリーで、子どもたちをひきつけてやまない赤ちゃん絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。