絵本

ねこのはなびや

しろねこぐみ、くろねこぐみ、とらねこぐみ、どれが勝つかな?ねこたちが上げる様々な花火が魅力の絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

今夜は海の花火大会。ねこの花火屋たちがしろねこぐみ、くろねこぐみ、とらねこぐみに分かれて競い、技と度胸を見せる日です。どこのくみが一番かは、お客さんの歓声と拍手が決めます。

花火の玉は爆発物。命の危険がいっぱいです。ねこたちは、落とさないように、打ち上げる順番を間違えないように、注意して船に積み込みます。

しろねこぐみは色や形や音が様々な花火で勝負! くろねこぐみは早打ちと大きな花火で勝負! とらねこぐみは変わった花火で勝負! そして最後は3つのくみが力を合わせた仕掛け花火を打ち上げます。

果たして優勝はどのくみになるのでしょうか……。

猫たちが一生懸命花火の準備をし、打ち上げる姿はとてもかわいらしいです。観客の猫たちも細かく描かれており、猫の花火大会の雰囲気が伝わってきます。花火の種類も多く、カラフルで絵を見ているだけでも楽しいです。

大きな花火のシーンはページが縦に2倍の大さに開き、ナイヤガラのシーンでは横に2倍の大きさに開き、とても迫力があります。「バーン」「どうだあ」などと言いながらページを開くと、本当に花火が上がっているような気分になれます。

花火のイラストは綺麗で迫力があり、ストーリーも面白い絵本です。読み終わったあと、どのくみが勝ったと思うか、お子さんと話し合ってみるのも楽しいですね。

出版社からの内容紹介

夜空に打ち上がる花火の数々は、ねこの花火師にとって、年に一度の晴れ舞台。しかけ花火のナイアガラは超ワイドページです。

出版社「フレーベル館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。