絵本

ネコヅメのよる

猫しか知らない素敵な夜空を描いたお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

おや?
あれ?
もしかして・・・・・・

一匹の三毛猫が何かに気付き、落ち着かない様子。猫は何かを待ち侘びて、窓辺から夜空を眺めます。

そして、猫は何かを確信すると、二階の窓から急いで外へ駆け出しました。

どこから現れたのか狭い路地ではたくさんの猫達が群れを成し、同じ方角を一斉に目指します。

いよいよこの日が来たのだと猫達は胸を踊らせながら急いで駆けていくのです。

ようやく目的地に着いた猫達は、夜空を見上げて、その瞬間をまだかまだかと待ち侘びます。

夜空を覆った雲が風に流されると、ついに待ちに待った瞬間がーーー。
たくさんの猫達が待ち侘びたのは、夜空に浮かぶ月なのでしょうか。いえいえ、それは月ではありません。猫達しか知らない夜空の光景なのです。

猫の気の抜けた表情が愛くるしく、群れを成して大移動する描写が大迫力の絵本。短くてシンプルな文章ですが、印象に強く残る作品です。

出版社からの内容紹介

猫たちの秘密、教えます。
愛猫家としても有名な画家、町田尚子が贈るファンタジックな猫たちの夜。

ある日、猫は気付きます。
「あれ? もしかしてそろそろ…」
その夜。
「まちがいない、今夜だ」
猫は家をそうっと抜け出し出かけていきます。

出版社「WAVE出版」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。