絵本

ねぎぼうずのあさたろう その2

しゅくばはずれのけっとう

出版社からの内容紹介あらすじ

東海道を西へ西へと旅するネギぼうずのあさたろうは、とある宿場町で久しぶりに宿に泊まります。その夜のこと、盗人が入り込み、ネギ汁の吹き矢でやっつけます。が、その盗人がいうには、やつがしらのごんべえとやらが、大勢の子分を連れて、あさたろうを襲ってくると??。一難去ってまた一難。さて、結末やいかに! お馴染みのあさたろうが大活躍する、読者待望の第二話。絵も語り口も絶好調の面白さ抜群の浪曲風時代劇絵本。

絵本「ねぎぼうずのあさたろう その2」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。