絵本

なつみはなんにでもなれる

この絵本の内容紹介あらすじ

「おかーさん! おかーさん! おかーさん!」

大はしゃぎでやってきったのは、パジャマ姿の女の子。もうすぐ寝る時間だというのに「すごくいいこと おもいついたよ!」と張り切っています。

ところが、それを聞いたお母さんは対照的。洗濯物を畳むのに忙しいからです。「え? また?」と乗り気ではありません。

「なつみがなにかの マネをして、それをおかあさんがあてるゲームだよ!」

なつみはそう言うと、お母さんのことなどお構いなしに、勝手にゲームを始めました。

コレ、なーんだ?!

なつみがマネをするのは予想外のものばかり。
頭の上にミカンを載せて、左手を腰に、右手で鳥のクチバシのような形を作れば、それをポットだと言うのです。

当然、お母さんに当てられるはずもありません。

「じゃあ つぎ! コレ、なーんだ?!」

なつみのゲームはまだまだこれから。
毛布にくるまれば‘おにぎり’のマネだったり、腕をぐるぐる回せば扇風機のマネだったり、顎からタオルを垂らせばサンタのマネだったり……。

なつみが問題を出すたびにお母さんは間違えてしまいます。

『気持ち』もマネしちゃう!?

「なんで わかんないの?!」

間違えてばかりのお母さんに対して、なつみは不機嫌になりました。当てられたいという気持ちが強くなっていったのです。

それなのに、なつみのゲームは思わぬ方向に進みます。

『からあげを いーっぱい たべたいきもち』をマネしたり、『はいしゃさんに いきたくないきもち』をマネしたり、全身を使って『気持ち』をマネし始めると、お母さんの想像はいよいよ追いつきません。


ピクトブック編集部の雑談

アイコン画像

超難しい! でも、面白いね!

アイコン画像

『茹ですぎたブロッコリー』のマネは特に可愛かったなぁ。

アイコン画像

うんうん。
それに、『なんにでもなれる』っていう可能性が広がるような気持ちになってくるよ。

アイコン画像

クスッと笑っちゃうけど、想像するって素敵だね!

出版社からの内容紹介

りんごかもしれない』『りゆうがあります』『ふまんがあります』などで人気の絵本作家ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!

なつみは、「すごくいいことおもいついたよ!」と、おかあさんのところにやってきました。そして、「なんのまねをしているか、あてるゲームだよ!」と、問題をだします。なつみは、毛布にくるまったり、手をぐるぐる回したり、身近なものをからだをつかってまねしていきますが、おかあさんはなかなか当てられません。

ほのぼのとした親子のやりとりも見どころです。

出版社「PHP研究所」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。