絵本

なつはうみ

暑い夏は海にかぎる!誰だってそう思うよね!

この絵本の内容紹介あらすじ

真っ青な海を気持ちよさそうに泳ぐ動物たち。
表紙を見るととっても涼しそうですが、中表紙を開くと目に飛び込んでくるのは、表紙の青と対照的に、とっても暑そうなビビッドオレンジ。

そう、この絵本の中の夏は、とんでもない暑さなのです。
どのくらい暑いかと言うと、「ひゃくねんぶりとも、せんねんぶりとも、おもえるようなあつさ」。
ツキノワグマがシロウサギみたいな弱音を吐き、岩も汗をしたたらせ、アゲハチョウも日に焼けてカラスアゲハになってしまうほど。こらえきれなくなったツキノワグマは、山の動物たちに命令してなんとか暑さをしのごうとしますが、その動物たちも暑さでふらふら、もうどうにもなりません。このままだと自慢の白い三日月が真っ黒になってしまう・・・!
危機感にかられて、ツキノワグマは山じゅうの動物たちを引き連れて「♪なつはうみ うみにかぎる」と歌いながら海へと向かいます。

絵から暑さがにじみ出るような前半と、海にたどり着いてからの涼しげな後半のコントラストが見事。
その場の気温や湿度までもリアルに想像できてしまいます。ラストも必見!思わず「え〜!?」と驚くことうけあいです。

出版社からの内容紹介

暑くて暑くてたまらない夏。ツキノワグマは、山の動物たちと海へ行きました。たっぷり涼んで、さあ帰ろうと山をふりかえると?

出版社「偕成社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。