絵本

ななしのごんべさん

人間の価値は戦争が決めるの?脳性麻痺の少女もも子の視点で描かれた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

「ななしのごんべさん」は、大阪府堺市を舞台に描かれています。物語は脳性麻痺の少女、もも子の視点で進みます。

もも子は、子どもらしい素直な感性で目の前に起こる様々な出来事に疑問を投げかけます。
例えば、いつもは優しいおじいちゃんなのに、もも子のお父さんが戦争に行くとき「お国のために、りっぱに死んでこい」と言ったのは、なぜだろうと。
言われてみれば確かに、生きて帰って来てくれないと困ります。

また、障がいを持つ人には過酷な時代だったことを物語るエピソードがあります。
もも子の小学校入学を役所が認めてくれなかったのです。理由としては、脳性麻痺のために歩行が困難だからでした。
おばちゃんの作ってくれたランドセルを持って、乳母車で通うつもりだったもも子はとても悲しみます。

なぜ、自分は小学校に通わせてもらえないのだろう?と、もも子は考えをめぐらせます。
そして、気付きます。「戦争の役に立たないからだ」と。
「戦争の役に立つか、立たないか」で、人間の価値が決まる時代だったのです。

ようやく、今の状況はおかしい、戦争が終わればよくなるはずだと、もも子は気付きました。
しかし、無情にも大阪堺大空襲に巻き込まれてしまうのです。

出版社からの内容紹介

太平洋戦争のさなか、脳性まひのもも子に心よせるふたごの兄弟たちにも戦争の影がせまって…。

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。