絵本
中国の民話

なみだでくずれた万里の長城

出版社からの内容紹介あらすじ

子どものいない夫婦のもとに、ツバメによってさずけられたふしぎな少女、孟姜女。成長した孟姜女は、労役にとられた夫に会うために、北のはての〈万里の長城〉まで、千里を歩く旅にでます。そこで目にしたのは、自分と同じように苦しむ人々のすがたでした……。中国で長く語りつがれてきた民話が美しい絵本になりました。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。