絵本

なみ

小さな波、大きな波、寄せては返す波と女の子の追いかけっこ。
白黒青の三色だけで描いた字のない絵本は、雄弁に物語を紡ぎます。

この絵本の内容紹介あらすじ

女の子は、お母さんと一緒に海へ出掛けました。

浜辺では磯の香りが漂います。波が押し寄せては返っていきます。

その波に向かって、女の子が両手を広げて威嚇すると、大きな波が押し寄せました。まるで女の子に呼応するかのような振る舞いです。

女の子は、寄せては返す波を不思議そうに眺めます。そして、海の水にふれると喜びが溢れます。

それから水面を思いっきり蹴飛ばすと、大きな波が押し寄せました。海に向かって舌を出すと、さらに大きな波が押し寄せました。


この絵本は、白と黒と青の三色のみで描かれた文字のない絵本です。

女の子が波と戯れる様子は、まるで友達と遊んでいるかのようです。波にも感情があるかのように感じます。

女の子の表情や躍動感溢れる波の動きなど、これらの表現のみで物語は上手に完結しています。文字がなくとも、釘付けになって読み進めてしまいます。

文字を一切排した三色だけの世界で、こんなにも多くを語ることができるのかと、驚かずにはいられません。

出版社からの内容紹介

小さな女の子の波との追いかけっこ。寄せてはかえす波との無心の遊び。
文もなく、2色だけで、だれの心にもある夏の思い出のきらめきや、ざわめきが表現された絵本。昨年、アメリカで刊行されるや、たちまち世界じゅうから、出版の申し込みが殺到した話題作です。

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。