絵本

なめれおん

ペロッと舐めたものに体の色を変える不思議なカメレオンのお話。一体何を舐めたらそんな色になるの?

この絵本の内容紹介あらすじ

なめれおん君は、何でも舐めちゃうカメレオン。何かを舐めると、舐めた物の色に体の色が変化します。

気づくと、なめれおん君の体の色が赤くなっています。一体何を舐めたのでしょう。イチゴでしょうか。リンゴでしょうか。それともトマトでしょうか。

そのどれも不正解。なめれおん君が舐めたのは、お猿さんの赤いお尻です。

今度は、なめれおん君の体の色が黄色になっています。一体何を舐めたのでしょう。バナナでしょうか。レモンでしょうか。それともタンポポの花でしょうか。

そのどれも不正解。なめれおん君が舐めたのは、黄色いヒヨコの頭です。

そして今度は、なめれおん君の体の色は白色です。一体何を舐めたのでしょう。お砂糖でしょうか。大根でしょうか。シロクマさんの手でしょうか。

そのどれも不正解。なめれおん君は、山に登って雲を舐めたのです。

なめれおん君は、他にも桃色になったり、黒色になったり。一体何を舐めたのでしょう。


なめれおん君が舐めた物を当てるのは至難の業。だからこそ、想像するのが楽しくなります。

繰り返しの絵本ですが、読み進めるごとに想像力が掻き立てられます。次こそは当てよう、次こそは当てよう、そう思っているうちに想像力がますます高まります。

出版社からの内容紹介

なめれおんくんは、なんでもなめちゃうカメレオンです。
長い舌を使っていろんなものをペロッとなめて、体の色をつぎからつぎへと変えていきます。 そんななめれおんくんの大好きな色は?

出版社「佼成出版社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。