絵本

なこの夏

ママの生まれ故郷である小さな島で、小学生の女の子が過ごす夏休み。島民との温かな交流を描きます。

この絵本の内容紹介あらすじ

もうすぐ夏休みになる、7月17日。なこのママは、双子の男の子の赤ちゃんを出産しました。パパもママもなこも大喜びです。

双子の赤ちゃんは、少し小さいので病院の保育器に入っています。ママも、しばらく入院するので、なこは夏休みの間、ママの生まれ故郷である伊豆の沖にある小さな島で過ごすことになりました。

夏休みの最初の土曜日、朝早くからパパと一緒に定期船に乗りました。そして、島に着くと、まことばちゃんが診療所の車で迎えにきてくれました。

まことばちゃんは、ママの妹。そして、医者の卵です。夏休みの間、島に戻って、診療所を営むおじいちゃんの手伝いをしています。

まことばちゃんの本当の名前は、まこと。なこは、『まことおばちゃん』を縮めて『まことばちゃん』と呼んでいるのです。

道中、「おじいちゃんとおばあちゃんが首を、キリンみたいにのばして、まってるよ」と、まことばちゃんが言いました。診療所に着くと、おじいちゃんとおばあちゃんが待っていました。ところが、二人の首はいつも通り。まことばちゃんの言葉は、物の例えだったのです。

パパは、なこを預けると、島から帰って行きました。そして、なこは息つく間もなく海へと出掛けました。

浜では、子ども達が走ったり、泳いだりして遊んでいます。それとは別に、岩場の上に一人の男の子が座っていました。

「オーイ、なにしてんだよ?」
なこが声を掛けたのは、岩場の上で海を見つめる男の子。なこより一つ年上で、名前はかい。二人の温かな交流はここから始まります。

かいのお母さんは、かいが一年生の時に亡くなりました。それ以来、元気でわんぱく坊主だったかいは心を閉ざし、ほとんど人と話をしなくなりました。ところが、なことの交流を通して、かいは元気を取り戻していきます。


なこの夏休みの島での暮らしを描いた物語です。なことの交流を通して、気持ちが前向きになる島民。ゆるやかながら好転していくその姿に、心が温まります。

花火やキャンプの楽しみがなくとも、なこは目一杯に夏休みを満喫します。きっと、なこにとって、何にも代え難い思い出になったことでしょう。

この絵本は、「島だ!」「ともだち」「かい」「海」「リク」「いそさん」「手術して!」「約束」「小さな弟」「さよなら、夏」の10部構成で描かれます。

出版社からの内容紹介

今年は、いつもとちがう夏だった──。

潮風といっしょに、海までいく。力づよい太陽が、砂をやき、キラキラ波がはねる──夏休みのあいだ、母親の実家のある小さな島で過ごすことになった小学校三年生の「なこ」は、海のある生活や緑いっぱいの町、ひとつ年上の男の子「かい」とともにいる時間の中で、これまでにない出会いをたくさん経験します。──少女のひと夏の成長物語。第6回えほん大賞ストーリー部門大賞受賞作品。

出版社「文芸社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。