絵本

長崎ものがたり お船が出る日

出版社からの内容紹介あらすじ

時代は戦国時代の終わり、舞台は日本の西のはずれ、肥前の国。幼い頃から船と海にあこがれて育った少年、海太郎は、開港間もない長崎のまちで、中国人の海商、ハウに出会い、祖父と同じように海を目指します。大航海時代のただなかに、ふいにひらかれた港町。その若く輝いていた時代の記憶を、のびやかに描きます。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。