絵本

ながいながいよる

出版社からの内容紹介あらすじ

星がさえわたる冬の夜。しずかな森で動物たちが、ながい夜が明けるのを待っています。太陽はどこへ消えたのでしょう。カラスやヘラジカやキツネが、思い思いの方法で太陽を呼びもどそうとしますが……。ルウィンによる写実的で迫力のある絵が見事。しんとした雪の冷たさが伝わってくるようです。ゴールデン・カイト賞受賞作。

絵本「ながいながいよる」の一コマ

絵本「ながいながいよる」の一コマ

絵本「ながいながいよる」の一コマ

出版社「岩波書店」より
3歳4歳5歳6歳7歳以上岩波書店千葉 茂樹
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。