絵本

ながぐつをはいたねこ

主人を公爵に仕立て上げる猫の賢く巧みな作戦とは!?一人の男と長靴を履いた猫の爽快なお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

ある貧しい粉屋の主人が亡くなり、三人の息子達は遺産を相続することになりました。

相続と言っても、残されたのは粉引き場とロバと猫だけ。一番上の息子は粉引き場を、二番目の息子はロバを、三番目の息子は猫を相続することになりました。

「兄さん達は力を会わせれば暮らしていけるだろう。だけど僕はこの猫を食べて、皮で手袋を作ったらおしまいだ。」
三番目の息子は、悲しそうに相続の結果を嘆きます。

それを聞いた猫は、賢そうな表情で三番目の息子に話しかけます。
「心配は要りません。私に袋を一つと長靴を一足作ってください。そうすれば案外悪くない分け前だったということが分かります。」

この猫が賢い方法で狩りをしているところを見かけたことがある三番目の息子は、もしかしたら自分を助けてくれるかもしれないと期待します。そこで、三番目の息子は猫の言うとおりに袋と長靴を用意するのでした。

猫は長靴を履いて袋を担ぐと、さっそく森へ出掛けます。そして森へ着くと、袋の中にウサギの好きな食べ物を入れ、死んだふりをして寝転がるのでした。

すると、食べ物に釣られたウサギが袋の中へ。猫は素早く袋の紐を締めてウサギをまんまと捕まえるのでした。

ウサギを捕まえて上機嫌な猫が次はどこへ向かうのかと言うと、なんと王様の住むお城です。
カラバ公爵の使いで来たのだと、猫は王様に丁寧に説明します。そして、捕まえたウサギを差し出すのでした。

カラバ公爵とは一体誰なのでしょう。それは、三番目の息子のこと。猫が勝手につけた名前だったのです。

王様はカラバ公爵の貢ぎ物に大喜び。猫は、その後も度々、カラバ公爵の使いだと言って、捕まえた獲物を王様に差し出すのでした。

猫の狙いは一体何なのでしょうか。そして、一匹の猫しか相続できなかった三番目の息子の運命はいかに。

出版社からの内容紹介

貧しい粉屋の三男に残された財産はねこ一匹。嘆く三男をはげまし、ながぐつをはいたねこは、たくみなしわざで三男を「カラバ公爵」に仕立て上げます…。ペロー原作の爽快なサクセス・ストーリー。

出版社「フレーベル館」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。