絵本

もったいないばあさんの いただきます

「もったいない」をとおして描く食育絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

あれも嫌い、これも嫌いと言っていたら、「もったいなーい」ともったいないばあさんがやってきます。

「いただきます」をした女の子ですが、にんじん嫌い、ピーマン嫌い・・・。楽しいはずの食事に不満げな様子です。

そんな野菜嫌いの女の子のもとにやってきたのは、もったいないばあさん。体を丈夫にしてくれる野菜はとても大事な食べ物、その野菜を食べないのはもったいないと女の子に言うのでした。

女の子は、魚も肉も嫌いなのですが、もったいなばあさんが「もったいない」と食卓を覗きます。体を大きくしてくれる魚や肉もとても大事な食べ物なのです。そんな魚や肉を食べないのはもったいないことだともったいばあさんは女の子に教えます。

女の子の食べ物嫌いはまだまだ続き・・・、ワカメやヒジキやキノコも大嫌いなのですが、そんな女の子のところに「もったいない」ともったいないばあさんがやっぱり登場します。


今回のもったいないばあさんでは、「いただきます」から「ごちそうさま」までの食卓の様子を描きます。

体の成長や健康にとって食事がどれほど大切なのか、偏りなく食事することがどれほど大切なのか、食べ物に感謝することがどれほど大切なのか・・・、「もったいない」をとおして食べ物や食事の大切さを教えてくれます。

【公式】アニメ『もったいないばあさんの いただきます』

出版社からの内容紹介

『もったいないばあさん』、待望の続編! 好ききらいをしていたら、もったいないばあさんがやってきた。いろんな食べ物の役割を、楽しく教えてくれるよ。大切に作られた食べ物、残すなんてもったいない!

出版社「講談社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。