絵本

もりのたんじょうびパーティ

この絵本の内容紹介あらすじ

今日は森の王様の誕生日です。キノコや虫や妖精達が誕生日パーティーにやってきました。

まずは、主役の王様を真ん中に、みんなで記念撮影。それから、いよいよ楽しい誕生日パーティーの始まりです。

パーティーでは、あらゆる出し物が披露されます。最初に見事な組体操が披露され、次は音楽に合わせて優雅なダンスが披露されます。さらには、手に汗握る槍突きの決闘、森の兵隊達の大迫力のパレードも披露されます。

パーティーの楽しみは、出し物だけではありません。美味しいアイスクリームもあれば、賑やかなメリーゴーランドもあるのです。

そして最後は、歌って踊って、ホタルのランプも煌めいて、森の王様の誕生日を盛大にお祝いします。


この絵本は、1944年にベルギーのブリュッセルでエディシォン・デ・ザルティスト社より出版されました。『サン・スーシ』というシリーズの一冊であり、このシリーズ名はフランス語で「心配なく、お気軽に」という意味です。

制作当時は戦時中で、紙を手に入れるのが難しく、壁紙の試し刷り用の紙(うっすらピンクや青みがかったもの)を使って、小さなサイズで完成となりました。グワッシュという不透明な水彩絵具を使用し、5つの色で鮮やかな生き生きとした世界を描きます。

出版社からの内容紹介

きょうは、きのこの王さまのたんじょう日です。森のきのこや、虫や妖精たちがお祝いに集まってきました。記念撮影をしたら、さあ、パーティのはじまりです! みごとな組み体操やダンスの出し物、松ぼっくりばあさんの占いや、いちごのアイスクリームやさんも大人気。みんなで遊んだりおどったり、幸せいっぱいのパーティです。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。