絵本

森のクリスマス

深い森に住み、動物達とお話ができる不思議なおじいさんのクリスマスのお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

遠くの国の深い森の中に住んでいるおじいさんがいました。そのおじいさんの家は大きなモミの木の下にあり、犬のノエルと一緒に暮らしています。

森に住むおじいさんは、動物達とお話ができ、ときにはリスとシマリスを仲直りさせ、ときにはフクロウと哲学について意見を交換したりしました。

冬になり、雪が積もるクリスマスの前日、おじいさんはどこかへとお出かけします。そして、おじいさんが出かけている間に森の動物達がおじいさんの家にやってくると、大きなモミの木にクリスマスの飾り付けを始めます。

動物達がクリスマスの飾り付けを終わるころ、赤い服を着て出かけていたおじいさんが帰ってきます、それから、モミの木に梯子を掛け、木のてっぺんに小さな星を飾り付けるのでした。

楽しいクリスマス・イヴの日、おじいさんはどこへ出かけて行ったのでしょうか。そして、赤い服を着て出かけたおじいさんの正体とはなんだったのでしょうか。

深い森に住み、動物達とお話ができる不思議なおじいさんのクリスマスのお話です。おじいさんと動物達の穏やかで素敵な関係に心温まる絵本です。

出版社からの内容紹介

動物達と仲良しのおじいさんは,クリスマスイブにどこかに出かけてしまいましたが…。人と動物と自然の素敵な関係を描いた一冊。

出版社「福武書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。