絵本

ももたろう

川から流れてきた桃から生まれた桃太郎が鬼退治に出かけるお話。おなじみの日本昔話「桃太郎」を描いた絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

日本の昔話と言えば「ももたろう」ですよね。みなさんおなじみの絵本ですね。

「むかし、あるところに、おじいさんとおばあさんがすんでいました」というフレーズは誰でも口にしたことがあることでしょう。

おばあさんが川に洗濯に行くと桃が流れてくるではないですか。食べてみるととってもおいしい桃でした。

おばあさんは、おじいさんにもおいしい桃を食べさせてあげたいと思って流れてくる桃をもうひとつ取ることにしました。

うまい桃はこっちにこい、まずい桃はあっちへいけと言います。すると、大きくてうまそうな桃が流れてきました。

その大きな桃を家に持って帰って、割ろうとすると、じゃくっと中から割れて、おとこのこが生まれてきます。

そのおとこのこが「ももたろう」ですね。桃から生まれたから「ももたろう」。
立派に成長したももたろうは、その後、鬼退治に出かけます。庭に飛んできたカラスから、鬼が暴れまわってどこもかしこも大変だという話を聞くのですね。

おばあさんがこしらえた「きびだんご」で犬・猿・雉と仲間を増やしながら鬼ヶ島を目指します。

誰もが聞いたことのあるお話ですが、意外と絵本を読んだことがない人は多いです。
新しくてユーモア溢れる絵本が次から次に出てくるので「ももたろう」の話を知らないお子さんもいるかもしれませんね。

たまには立ち戻って日本の昔話を楽しんでみてはいかがでしょう。
最近では、テレビCMなどで日本の昔話を題材にしたものがたくさん放送されていますよね。昔話を知っているからこそそれをアレンジすることができるのかもしれませんね。

昔話にふれあうことは、想像力を育むことでもある、かもしれませんね。

出版社からの内容紹介

おばあさんが川で洗濯をしていると、大きな桃が流れてきました。桃をもちかえって切ろうとしたら、なんと桃からかわいい男の子が生まれました。「桃太郎」と名付けられた男の子は、おばあさんとおじいさんが用意してくれたおかゆや魚を食べて、どんどん大きくなり、立派に成長します。そんなある日、桃太郎は鬼が島の鬼が悪事をはたらいていると聞き、鬼退治にでかけることにします。力強い絵とともに、真の昔話の面白さが味わえる1冊です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。