絵本

もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう

トイレ探しはとっても大変!?おしっこを我慢したことのある人みんなに捧げる絵本。

この絵本の内容紹介あらすじ

この絵本の主人公ひでくんは、もぞもぞそわそわ落ち着かない様子。デパートにやってくると、「おしっこどこですか?」と受付のお姉さんに慌てて尋ねます。

そして、お姉さんに教えてもらったトイレ向かうと、なんとそのトイレは修理中。

今度は3階のトイレに向かおうと、慌ててエレベーターに乗りますが、このエレベーターは屋上への直通エレベーターだったのです。

屋上についたひでくんは、次は慌てて階段を駆け降りますが、そこでキリンさんに出会います。キリンさんもちょうどトイレに向かうところ。ひでくんをトイレまで案内してくれることになりました。

ところが・・・、キリンさんが案内してくれたトイレは、とっても位置の高いトイレ。身長の高いキリンさんにはちょうどいい高さのトイレですが、子どものひでくんにはちょっと高すぎるトイレでした。

絵本「もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう」の一コマ 出典:もっちゃうもっちゃうもうもっちゃう/徳間書店

キリンさんが案内してくれたトイレを諦めると、また慌てて階段を駆け降ります。そして、階段の途中で次に出会ったのはこうもりさん。こうもりさんもちょうどトイレに行くところ。そこで、ついていくことにするのですが・・・。

ひでくんがトイレを探して奔走する間、ガイコツや妖怪にも遭遇します。そして、迷路のトイレまでもが登場するのです。

もっちゃうもっちゃうと大慌てのひでくんは、無事にトイレに辿り着くことができるのでしょうか?

おしっこを我慢して大慌ての少年。その少年が織り成す、ユーモア溢れるお話です。最後はスッキリ!と思いきや、最後の最後まで思いがけない展開の連続です。

出版社からの内容紹介

ブラティスラヴァ世界絵本原画展入賞
おしっこしたい! とトイレに飛びこんだ男の子。ところがトイレは工事中。あわててほかのトイレを見つけたけれど、こんなのひどい!? 最後の最後まで思いもかけない話の展開にハラハラドキドキ。おしっこを我慢したことのある人みんなにささげます!

出版社「徳間書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。