絵本
エストニアの昔話

みっつのねがい

出版社からの内容紹介あらすじ

昔、なまけもので、けんかばかりしている夫婦がいました。ところがある日、突然、おじいさんが現れて言いました。「二人がもっと楽しく暮らせるよう、これから三日目に、三つの願いをかなえてやろう」。二人は大喜び、さっそく願いを考え始めます。でも、考えて考えて考えつかれた奥さんは、三日目につい、「ソーセージがあったら」と言ってしまいます。すると、大きなソーセージが! びっくりして笑っちゃう、楽しい昔話です。

絵本「みっつのねがい」の一コマ

絵本「みっつのねがい」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。