絵本

民謡えほん 『恋する民謡 Traditional Folk Songs of Love』

出版社からの内容紹介あらすじ

辛く苦しい仕事を、少しでも楽しくする。神様に祈りを捧げる。恋しいひとをおもう…。
そんな感情が溢れ出て、言葉になり、メロディーになり、そして、唄となって流れていきました。
それが「民謡」です。

国際的切り絵画家・久保修の作品と、英語落語の第一人者・大島希巳江の訳に乗せて、日本人の原点を綴りました。

-それは、懐かしくて新しい癒しの世界-

出版社「えほんの杜」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。