絵本

みんなともだち

ロングセラーシリーズ「ピーマン村の絵本たち」の集大成。保育園や幼稚園での思い出が蘇ります。

この絵本の内容紹介あらすじ

今日は卒園式。お友達との思い出が次から次へと溢れます。お友達みんなで、一緒に歌ったり、絵を描いたり、お散歩したり、そうやって一緒に大きくなりました。お友達みんなで、プールで遊んだり、ロボットを作ったり、駆けっこしたり、そうやって一緒に大きくなりました。

卒園してもずっと友達です。学校に行っても、大人になってもずっとずっと友達です。


この絵本は、保育園・幼稚園の行事をテーマにしたロングセラーシリーズ「ピーマン村の絵本たち」の一冊。保育園・幼稚園の行事の集大成とも言える卒園式を描きます。

自身の子どもの成長と照らし合わせながら、様々な思い出が蘇ることでしょう。あんなこともあったな、こんなこともあったな、と感慨深い思い出が次から次へと浮かびます。

巻末には、著者:中川ひろたか氏が作詞作曲の「みんなともだち」の楽譜付き。

出版社からの内容紹介

いもほり、えんそく、うんどうかい…。季節ごとに行われる保育園・幼稚園で行う行事をテーマにした累計197万部のロングセラーシリーズ「ピーマン村の絵本たち」。この『みんなともだち』は、こうした行事の中でも集大成ともいうべき卒園をテーマした1冊です。

いよいよ卒園式。一緒にうたったり、絵を描いたり、お散歩したり…。楽しかった思い出がつぎつぎに思い出されます。小学校に上がるうれしさと誇らしさ。
でも、いっしょにすごして大きくなったみんなと別れるさみしさ…。この絵本は、そんな子どもたちに、こんな言葉を贈ります。
「みんなともだち ずっとずっと ともだち」
「がっこういっても ずっとともだち」
「おとなになっても ずっとともだち」

卒園する子どもたちへの贈りものとして喜ばれているロングセラー絵本。「親の私が泣いてしまいました」といった感想も多く頂いています。

出版社「童心社」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。