絵本

みんなでピクニック

お友達できるかな?ピクニックをとおして友情が芽生えるお話。

この絵本の内容紹介あらすじ

ポンちゃんは引っ越してきたばかりでまだ友達が一人もいません。みんなと一緒にピクニックへ行きたいけれど、なかなか仲間に入れてと言い出すことができません。ポンちゃんはママの作ってくれたお弁当を持って、ピクニックに行く友達の後をこっそり追いかけることにしました。仲間に入れてもらえるように期待を込めて。
そして、自分からは言い出せないポンちゃんが思いついた「あること」のお陰で、みんなのピクニックの輪に入ることができました。

お花畑を抜けるとようやく目的地「ひみつのおか」に到着。みんなでシートを広げて美味しいお弁当を食べました。

「ひみつのおか」の名前の由来は、ここに来るとみんな楽しい気分になるからだそうですよ。ドキドキすることもみんなと一緒なら平気、ワクワクすることはみんなでいると何倍にもなります。

新しい生活がスタートすると、幼稚園や保育園ではピクニック遠足があるのではないでしょうか。新しいお友だちとシートを広げてお弁当を食べることは、ポンちゃんのようにドキドキや不安があるかもしれません。でも、ポンちゃんが「ひみつのおか」に行ったようにきっと楽しい時間が作れるはず。お子さんのピクニックが楽しくなることを願って読み聞かせてみてはいかがでしょう。

出版社からの内容紹介

たぬきのポンちゃんは引っ越してきたばかりでお友達がいません。みんなが「ひみつのおか」にピクニックに行くと知って、うさぎさんに化けてついて行きますが…。

出版社「ひさかたチャイルド」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。