絵本

めっきらもっきらどおんどん

この絵本の内容紹介あらすじ

遊ぶ友達を探しますが、今日に限っては誰もいません。友達を探しに神社まで行きますが、それでも誰もいません。不愉快なかんたは、大声でめちゃくちゃな歌を歌って気を紛らわせました。

「ちんぷく まんぷく あっぺらこの きんぴらこ じょんがら ぴこたこ めっきらもっきら どおんどん」

すると突風が吹き、風に乗って奇妙な声が聞こえてきました。耳を澄ますと「こっちゃこい こっちゃこい、こっちゃきて うたえ」という声が、大木の根っこの穴の中から聞こえてきます。

その穴の中をかんたが覗き込むと・・・。途端に穴の中に吸い込まれ、夜の山に迷い込んでしまいました。

そして、向こうのほうから変な三人組が飛んできます。その三人組は「もんもんびゃっこ」と「しっかかもっかか」と「おたからまんちん」という妖怪。かんたのもとにやってくると、三人組が一緒に遊ぼうと言いました。

ところが「いやだっ!ばけものなんかとあそぶかい」とかんたが全力で断るので、三人組は大声で泣き崩れてしまいます。しまいには誰が最初に遊ぶかで勝手に喧嘩を始めてしまいました。かんたは仕方なく、「やめろっ、じゃんけんだ」と叫びました。

その言葉にすっかり大人しくなった三人組。喧嘩をパタッと止めて、素直にジャンケンを始めました。

最初にかんたと遊ぶのはしっかかもっかか。ふたりは首に風呂敷を巻いて、モモンガのように木から木へと飛びました。かんたもすっかり遊びに夢中です。

次にかんたと遊ぶのはおたからまんちん。お宝交換でビールの王冠と不思議な水晶を交換しました。交換してもらった水晶をかんたが覗き込むと、その中には海が詰まっています。

最後にかんたと遊ぶのはもんもんびゃっこ。縄跳びに夢中になって135回も跳びました。山を蹴飛ばして、月を引っ掛けるほどの縄跳びです。

気づけば三人組との遊びに夢中のかんた。今度は空飛ぶ丸太に乗って、めちゃくちゃな歌をみんな一緒に歌います。

そうしてたくさん遊ぶとお腹が空きます。お餅のなる木を見つけて、お腹いっぱいに食べました。そのお餅はふわりと甘くて頰が落ちそうなほどです。

お腹いっぱいになると今度は眠くなるもの。三人組はぐっすりと眠ってしまいました。一方、かんたは一人で月を見つめています。そして、月を見つめているうちに段々と心細くなってきて・・・。

出版社からの内容紹介

かんたがお宮にある大きな木の根っこの穴から落ちて訪れた国は、何ともへんてこな世界でした。そこの住人“もんもんびゃっこ”“しっかかもっかか”“おたからまんちん”とかんたは仲良しになり、時のたつのを忘れて遊び回ります。けれどもすでに夜。遊び疲れてねむった3人のそばで、心細くなったかんたが「おかあさん」と叫ぶと……躍動することばと絵が子どもたちを存分に楽しませてくれるファンタジーの絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。