絵本

マルメロ

この星のどこか 森のはずれで

出版社からの内容紹介あらすじ

雪のふる夜、パシュラル先生のもとに、ひげのテントウムシ・マルメロが訪ねてきます。マルメロは長い旅路で見てきたことを語りはじめ………。『パシュラル先生』『フランチェスコ』で知られる作者が、平和への祈りをこめて、いのちと地球のかげがえのなさを描いた美しい絵本。あらゆる世代の読者に贈る、心にしみいる感動の一冊です。

出版社「岩波書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。