絵本

リディアのガーデニング

出版社からの内容紹介あらすじ

家の事情で町のおじさんのところで暮すことになったリディア。いっぱいの花を育てて、飾り気のないおじさんの店を華やかにする。笑顔を見せないおじさんのために秘密の計画を進める。

1930年代、アメリカの大恐慌の時代を背景に、寄り添いながら生きる人々のすがたが、少女リディアの目をとおして描かれています。 逆境にあっても、くじけず懸命に生きる少女、無愛想で、笑顔を見せないおじさん、遠く田舎から少女を思いやって手紙をくれるおばあちゃん、パンのこね方を教えてくれるエマと、周辺の人物のキャスティングがみごとです。物語の進展とともに花が増え、おじさんのしかめ面がわずかずつゆるんでいく様が、繊細なタッチの絵で表現されていきます。ラストページ、万感の思いを込めて抱き合う少女とおじさんに、胸が迫り、涙をさそわれてしまいます。

出版社「アスラン書房」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。