絵本

キュッパのはくぶつかん

出版社からの内容紹介あらすじ

キュッパは丸太の男の子です。森でいろいろなものを集めてくるのが大好きです。でも、集めたもので部屋はいっぱい。おかたづけをはじめます。キュッパは、集めたものを分類して、ラベルを貼って、みんなにも見てもらうために、博物館を開くことにしました。博物館を開いたら、今度は記録に残します。展示してあったものは、森に戻したり、リサイクル。そして中には芸術作品に早変わりしたものまでありました。

絵本「キュッパのはくぶつかん」の一コマ

絵本「キュッパのはくぶつかん」の一コマ

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。