絵本

きゅっ きゅっ きゅっ

この絵本の内容紹介あらすじ

「おいしいスープ いただきまーす」

男の子の赤ちゃんや、ねずみさん達が仲良くスープを飲み始めました。

ところが、ねずみさんはお腹にスープを溢してしまいます。そうすると、男の子が「きゅっ きゅっ きゅっ」と綺麗に拭いてあげました。

そして今度は、うさぎさんが手にスープを溢してしまいます。それも男の子が「きゅっ きゅっ きゅっ」と綺麗に拭いてあげました。

さらには、くまさんが足にスープを溢してしまいました。すると、やっぱり男の子が綺麗に拭いてあげました。

最後は、男の子が口の周りにスープを溢してしまい・・・。今度は誰が拭いてくれるのでしょう。


「きゅっ きゅっ きゅっ」というオノマトペがクセになる、繰り返しの絵本です。男の子の赤ちゃん達がスープを飲む様子を温かいタッチのイラストで描きます。

子育てにおいて、子どもの食べこぼしは本当に手の掛かることですが、そんな苦労もどこかへ飛んでいくような優しい気持ちが芽生えることでしょう。子どもが離乳食を始めた頃におすすめのお話です。

出版社からの内容紹介

あかちゃんがぬいぐるみの動物たちと一緒にスープをのみはじめ、うさぎがこぼし、くまがこぼし……。楽しい表情があかちゃんの心をとらえる絵本です。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。