絵本

きょうはなんのひ?

家族にとって大事な一日。今日は何の日でしょう。その答えは、まみこの仕掛けた手紙の中に!?

この絵本の内容紹介あらすじ

「おかあさん、きょうは なんのひだか、しってるの? しーらないの、しらないの、しらなきゃ かいだん 三だんめ」

朝、まみこはそう言って、歌ってスキップしながら学校へと行ってしまいました。

お母さんが階段に目を向けると、三段目のところに赤い紐で結んだ手紙が。そこには、「ケーキのはこをごらんなさい」とまみこの字で書いてありました。

居間に置いてあるケーキの箱を開けると、赤い紐で結んだ手紙が入っており、「つぎはげんかんとかさたてのなか」と書いてあります。

お母さんが急いで玄関に戻り、傘立ての底を覗くと、そこにも赤い紐で結んだ手紙がありました。その手紙には、「こんどはわたしのほんのなかよ ヒントはいちばんすきなえほんです」と書いてあります。

今度は二階に上り、まみこの部屋へ。お母さんは、まみこの好きな絵本をお見通しです。本箱から「マドレーヌといぬ」を引き出すと、赤い紐で結んだ手紙が挟まっていました。その手紙には、「きんぎよのいけにもうかんでいます」と書いてあります。

お母さんは、階段を下りて一階に向かい、それから庭に出ました。すると、金魚が泳ぐ池には、ビニール袋が浮いています。そして、そのビニール袋の中には、赤い紐で結んだ手紙が入っていました。手紙には、「ねんどのぶたがくわえています」と書いてあります。

そうして、豚の貯金箱が咥えた手紙を見つけたり、ピアノの鍵盤に置いてある手紙を見つけたり。お母さんは家中探し回って、赤い紐で結んだ手紙を見つけます。

9枚目の手紙には、「でんわでおとうさんのポケットのなかきいてください おねがい」と書いてあります。手紙探しは、家の中だけに収まりません。

ちょうどお昼時、お父さんに電話すると、上着のポケットには赤い紐で結んだ手紙が入っていました。お父さんには、この手紙が何のことだか見当もつきません。手紙には、「とうとうゆうびんばこにプレゼントがとどきました おせわさま」と書いてあります。郵便箱にはどんなプレゼントが入っているのでしょう。

まみこの遊び心が詰まった手紙探しに奮闘したり、まみこからのプレゼントには凝った仕掛けがされていたり、お父さんとお母さんもまみこにサプライズしたり、楽しくて微笑ましい一日が描かれます。

ところで、今日は何の日でしょう。まみこが仕掛けた10枚の手紙に、その答えが隠されています。まみこの楽しい遊び心に、最後の最後まで目が離せません。

余談

作者の瀬田 貞二氏は、絵本の世界に大きな影響を与えた「絵本論」を出版し、日本の絵本に関する基本的な考え方を示しました。

絵本論が出版されたのが、11月30日ということで、この日は「絵本の日」という記念日になっています。

また、この絵本に登場する「マドレーヌといぬ」は、作者の瀬田 貞二氏が翻訳した絵本です。物語に登場するまみこの遊び心にも感心してしまいますが、作者の遊び心もひそかに隠されています。

出版社からの内容紹介

朝、学校に行くまみこはおかあさんに、「きょうはなんのひだか、しってるの?……しらなきゃかいだん三だんめ」と謎のことばを残して玄関をでていきました。おかあさんが階段を見ると、そこには赤いひもで結ばれた手紙がありました。手紙には「ケーキのはこをごらんなさい」と書いてありました。箱の中にはまた手紙……。次々と手紙を見つけていったお母さんが最後に見つけたものは?親と子の間に流れる温かい心づかいを描いています。

出版社「福音館書店」より
この絵本の感想・レビューを書く

レビューを書くにはログインまたは新規ユーザー登録(無料)をお願いします。

SNSアカウントでログインする場合は新規ユーザー登録不要です。
利用規約を確認する。